お取り扱い注意事項

環境上の注意事項

  • トナーカートリッジを裸のまま直射日光にさらさないで下さい。
  • 温度40℃以上の場所、および高温多湿(温度30℃/湿度80%以上)の保管は避けて下さい。
  • 品質保障期間は1年間なので、カートリッジは保障期間内に御使用下さい。

開封後の注意事項

  • トナーシールを引き抜く前に、必ず前後左右に数回振って下さい。
  • 御使用前に必ずカートリッジのシャッターにはさんである白い保護シートと、それを止めてあるシールを取り除いて下さい。
  • トナーシールの引き抜きは、平らな場所に置きゆっくりと水平にまっすぐに引き抜いて下さい。シールの長さは、トナーカートリッジ全長の約2倍あります。途中で切れた場合、プリント濃度低下の原因となりますので、引き抜く際には切れないようにご注意下さい。
  • トナーシールを抜いた後に、カートリッジが強く振れたり、衝撃を与えますとトナー漏れや印字不良の原因になりますのでご注意下さい。
  • 使用開始直後は、印字汚れ、かすみ等が発生する場合がございますので、数枚のテスト印字をオススメいたします。
  • プリントした濃度が濃すぎたり薄すぎたりした場合は、プリンタ本体にあります濃度調整ダイヤルで調整をお願いいたします。
  • お客様の御使用になりますプリンタの機種によっては、トナーカートリッジの交換時、または定期的に掃除が必要なタイプもありますので、お手持ちのプリンタ操作説明書等をご参照の上、正しくご使用いただきますようにお願い致します。

印字する際の注意事項

  • トナーカートリッジは、光に非常に敏感です。強い光が当たると、感光体ドラムが劣化し印字品質は低下いたします。また、カートリッジを出し入れされる際は、感光体ドラムに傷が付かない様に慎重に取り扱って下さい。
  • 保存の際は、高温多湿・直射日光をさけて包装紙に包んでおいてください。床面は湿度が高いので、床に直接置かないで下さい。
  • また、特殊な用紙をご使用されますと印字不良、紙詰まり等の原因になる恐れがございます。

リサイクルトナー取り扱い上のお願い

  • カートリッジをセットする前に、必ずプリンタ内部の紙粉・ほこりをクリーニングして下さい。紙粉がカートリッジにつまり印字品質の低下をまねく恐れがありますので、プリンタ内部を乾いたやわらかい布でクリーニングして下さい。その際、感電や火傷をする恐れがございますので、プリンタの電源を切り、十分にさめてから実施して下さい。
  • 万一不具合が発生した際に備え、あらかじめ予備のカートリッジをご用意いただくことをオススメ致します。
このページの上部へ